夢にまで見たフィヨルド冒険!! 後半

NZ61

4時くらいに港に到着して、いよいよ船に乗り込みます!

NZ43

外観はこんな感じ

NZ38

室内もGOODです!!

さてと、ゆったり座りながら。

午後4時30分、まずはスープを出してくれました。

NZ41

ひと休憩した後、希望者だけ上陸してウォーキングできるそうです!

NZ44

およそ1時間~1時間半様々な説明を受けながら歩きます。

傾斜はほとんどありませんでした。

ただ、このとき蚊(?)みたいなのがうようよいて、

僕も何か所か刺されてしまいました。

虫よけが必須でしたねー

NZ46

いろいろ説明されますが、英語早すぎてよくわかりませんw


さて、お待ちかねのディナーです!!

旅行の満足度における食事の割合は大きいですから、

クオリティは重要ですよ!

NZ47

いいですね~

おいしそうなサラダたくさんいただきます

NZ51

おっ・・豆腐?

まさかニュージーランドで会えるとは!

→チーズでしたw

NZ50

メインはアツアツのラム!

レストランで食べたのとは部位が違うのかな?

でもおいしい!

シンプルな味付けでしたがその分ラムそのものの味を楽しめます。

しかも結構ガッツリ食べれる量。

おかわりまでいただきました!

サイドの野菜もしっかりとした味付けです。

一回日本でもラム食べたことがあるんですけど、

それに比べて臭みが全然少なかった。

う~ん、満足!

NZ53

イルカじゃん!

みんな甲板に集まって大興奮。

連写したんですが、これが一番いい写真です。

生き物撮るって難しいですねー

NZ54

船内に戻ると、デザートまであるんですか!

だんだんと暮れてくるフィヨルドの景色を眺めながら

なんと上品なのでしょうか(笑)


夜になると星を見に甲板へ

日本の都市にいてはせいぜいオリオン座ですからね

しばらく暗闇に目が慣れてくると、これまでに見たことがない星空!

ぼんやりと雲?のような白い筋

実はこれ全部星なんです。

そう、これが天の川!

この星空を写真に撮れなかったのが残念です。

じっと眺めていると人工衛星も見えてきます。


そうだそれと、防寒具は絶対に忘れないように!!

ニュージーランドは気温の日格差が激しいので、

昼間は半袖で大丈夫でも夜は激寒です。

とくに南島でしたので、防寒対策は絶対です。

NZ39

四人一部屋の相部屋にしました。

できるところは節約です

幅の狭い柵なしの二段ベッドでした

早めに行って下段を確保すればよかった・・・


翌朝朝食をとった後、フィヨルドの朝を拝みに甲板へ

NZ57

朝焼けという名がふさわしい一枚です(笑)

この後も滝に近づいたり、日なたぼっこするオットセイを見つけたり(これ、結構レアですよ)

充実の観覧船ツアーでした。

この後またバスで6時間なわけですが、

さすがに爆睡w

ビューポイントでところどころ起こされつつ、クイーンズタウンに到着しました。


たった2日で、たくさんの思い出をつくれました。

日本での旅行もいいけれど

やっぱり海外は断然違う経験になります!

 

”ニュージーランド”編トップページ 

”登山”編トップページ

”まとめ”編トップページ

”セブ島”編トップページ

”つぶやき”編トップページ 

夢にまで見たフィヨルド冒険!! 前半

NZ32

今回のニュージーランド旅行の一番の目的である、

フィヨルド観覧船ツアー

両壁を絶壁に囲まれた静かなる湾内。

その船上で夜を明かすという夢のようなツアーに参加できました!


まさか自分がこんなところに来れるなんて・・・

写真でしか見れなかった絶景が目の前に広がってる

自分は今、世界の端っこにいる。

まさに冒険中の冒険。

ここでの素晴らしい経験を書き綴って参ります。


NZ14

出発の町はクイーンズタウン。

NZでも有数の観光地で、すでに絵にかいたような絶景が当たり前のように広がってます。

そこからバスで行くこと約6時間、目的地はミルフォードサウンド

そこから船に乗り込みます。

NZ27

このツアー、なにもフィヨルドだけじゃないんですよ。

6時間の道中、数々のビューポイントを案内してくれます!

車内から写真を撮って、ビューポイントを見て回って、あっという間です!

上の写真、僕がふつーに車撮った写真です。

プロの写真ではありませんよ??

こんな美しい道のりを走ります。

NZ28

バスはかなりのディラックス仕様。

しかも隣に誰も座ってこない!!

言うことなしのリラックス具合です(笑)

NZ30

昼食タイムはこの町で。

NZってどこ行っても美しいんでしょうか?


「Let't go!」

なんだよ眠ってたのにー 

バスガイドさんに起こされて外にでると・・・

NZ31

「Oh・・・」

阿蘇山以来の壮大さ。

まるで絶景のフルコースだ。

NZ33

道もだんだん険しさを増してきた。

フィヨルドに近づいてきたのかな?

NZ34

一方通行のトンネルには信号が!

6分以上待ってようやく突入です

NZ35 

トンネルを抜けた先はもう別世界

1953年に完成したこのトンネル、作るのに多大な努力がありました。

だって山というより岩ですもん笑

20代とみられるカップル、ご老人夫妻、バックパッカー

抱き合ってみたり、写真を撮ったり、じっと景色を眺めたり。

みなそれぞれの思い出を作ってます。

NZ37

ようやく港に到着だー!!

すでに大冒険を終えた気分。

本番はここからです

フィヨルド観覧船の記事は続きをご覧ください!!

 

”ニュージーランド”編トップページ 

”登山”編トップページ

”まとめ”編トップページ

”セブ島”編トップページ

”つぶやき”編トップページ 








”ニュージーランド”編トップページ

NZ27

夢にまで見たフィヨルド冒険!! 前半 

夢にまで見たフィヨルド冒険!! 後半 

美しきオークランドでサイクリング!! 

新食感のデザート、パブロバ!ニュージーランドで食べてきました 

4月が近づきあわただしくなる中、このたびニュージーランド・NZに行ってました!!

フィヨルド観覧船・市内観光・ホームステイ、数えきれないくらい貴重な経験をしました。

でもその間ブログはほったらかし、すっからかーん。

・・ってわけで随分と期間が開きましたが、これからまた再開だ!!

まだセブ島の方も書きたい記事が残ってますので(オイオイw)

ちょこちょこ更新して参ります。

興味があればどうぞご覧ください!!

 

”登山”編トップページ

”まとめ”編トップページ

”セブ島”編トップページ

”つぶやき”編トップページ 

新食感のデザート、パブロバ!ニュージーランドで食べてきました

NZ178

これは・・・ケーキ?

いえいえ、”パブロバ”というニュージーランド名物のデザートです!

市内のパン屋やカフェを回っても見つけられず、

”Where can I eat pavlova?”

とかホームステイの人に聞いてみたら、

”I can make tonight"って!

親切な人で幸運でしたよ。

ケーキのスポンジにあたる部分が、なんとマシュマロ

でも普通のマシュマロみたいな弾力はなくて、スプーンでサクッとすくえました。

NZ179

えっ・・・?というくらい簡単にすくえますよ(笑)

マシュマロをしばらく味わったら、今度はたっぷりのクリームと一緒に。

このダブルの甘味がたまらない!!

ふわっとした食感で、口の中でとろけてすぐになくなります。

ふわふわと軽くていくらでも食べれます。

(実際3スライス分食べました・・・)

クリームの上にのっけられる具材(フルーツ)は店によって異なります。

ちなみにこの写真のに使われているのはPassion fruitだそうです。

NZ176

もちろん土台から作る人もいますが、手間がかかるのでスーパー等で購入できます。

本当にこの味と食感は新体験。

NZに来て食べないのはもったいないくらいですよ!!

 

”ニュージーランド”編トップページ 

”登山”編トップページ

”まとめ”編トップページ

”セブ島”編トップページ

”つぶやき”編トップページ 
プロフィール

ミッキー

Author:ミッキー
思いがけないものの発見。登山、旅行、週末のお出かけ、そして日常までも冒険です。趣味は登山中心のアウトドア。キリマンジャロに登るのが目標です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる