新食感のデザート、パブロバ!ニュージーランドで食べてきました

NZ178

これは・・・ケーキ?

いえいえ、”パブロバ”というニュージーランド名物のデザートです!

市内のパン屋やカフェを回っても見つけられず、

”Where can I eat pavlova?”

とかホームステイの人に聞いてみたら、

”I can make tonight"って!

親切な人で幸運でしたよ。

ケーキのスポンジにあたる部分が、なんとマシュマロ

でも普通のマシュマロみたいな弾力はなくて、スプーンでサクッとすくえました。

NZ179

えっ・・・?というくらい簡単にすくえますよ(笑)

マシュマロをしばらく味わったら、今度はたっぷりのクリームと一緒に。

このダブルの甘味がたまらない!!

ふわっとした食感で、口の中でとろけてすぐになくなります。

ふわふわと軽くていくらでも食べれます。

(実際3スライス分食べました・・・)

クリームの上にのっけられる具材(フルーツ)は店によって異なります。

ちなみにこの写真のに使われているのはPassion fruitだそうです。

NZ176

もちろん土台から作る人もいますが、手間がかかるのでスーパー等で購入できます。

本当にこの味と食感は新体験。

NZに来て食べないのはもったいないくらいですよ!!

 

”ニュージーランド”編トップページ 

”登山”編トップページ

”まとめ”編トップページ

”セブ島”編トップページ

”つぶやき”編トップページ 

セブ島名物”ハロハロ”食べてみました!

ハロハロ3

2週間フィリピンにいて、感動するほどおいしかった食事がいくつかあります。

そのうちのひとつが「ハロハロ」という名のデザート!

日本でいうパフェです。


現地の人におすすめの食べ物は?と何人かに聞きましたが、

全員の答えに入ってました!(笑)


甘いかき氷の上にいろんなフルーツ、タピオカ、ナダテココ、ゼリー、等々

具材は店によって異なります。

トップはサツマイモ味に似たアイス。

サツマイモかよwと最初は意外でしたが、これがおいしかったんです。

ハロハロ1
<レギュラーサイズ 1枚目はスモールサイズ>

印象的だったのが、間にある具材たちです。

さまざまな食感と味の具材たちが食べる人を飽きさせません。


ここでひとつコツを伝授します!

かき混ぜて食べてねと言われますが、そのまま食べるべきです。

見た目がグロテスクになりますし、

かき混ぜないほうが味の変化を楽しめます。

ちなみに”ハロ”はタガログ語で混ざるという意味で、現地の人はやはり混ぜてました。


あまりに気に入ったので2週間で3回食べてしまいました。(笑)

値段はスモールサイズで69ペソ=約173円です。
(1ペソ=2.5円計算)

フィリピンに行ったら、ぜひとも食べるべきですよ!

↓↓ ランキング応援おねがいします♪
  

東のアルプスはこんな記事も書いてます
  ▼”セブ島”編トップページ

マックの「チョコポテト」が意外においしかった!

マック

マックが新発売した「チョコポテト」。

”ポテトのしょっぱさ+チョコソースの甘さ”とあるが、

本当においしいのか・・・?

思い切って頼んでみました!

マック1

ポテトとチョコは別々で出されます。

たっぷりとチョコレートをかけ、

フォークでいただきます。

食感はサクサクポテトに味はチョコレート。

ポテトが揚げたてだったから、アツアツのチョコレートを食べている感覚でした。

それでいて食べ応えがあります。

味はチョコだけど、ご飯を食べているようでした。

感想としては、予想よりだいぶおいしかったです。


↓↓ 食べてみたくなったら一票
 

東のアルプスはこんな記事も書いております
  ▼安く行ける! 予算20万円のおすすめ海外登山5つ

  ▼富士山登山・富士宮ルート 1日目 ~世界遺産登録の山~

  ▼屋久島登山・1日目 ~縄文杉・宮之浦岳を行くルート~











プロフィール

ミッキー

Author:ミッキー
思いがけないものの発見。登山、旅行、週末のお出かけ、そして日常までも冒険です。趣味は登山中心のアウトドア。キリマンジャロに登るのが目標です!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる